面白い話
誰でも歳を取ってくると
若い頃に比べて時間が経つのが速く感じるものです
1年のスパンも短くなり
正月かと思えばあっという間に年の瀬を迎えるものです

先日 友人から聞いたおもしろい話ですが…
1歳の子供にとって1年は人生の1/1 20歳の人にとっては1年は1/20…
つまり年齢をx才 その人にとっての1年の割合をyとすると
y=1/xという関数が成り立つ事になります
有名な反比例という関数で グラフは双曲線になるわけです
グラフとx軸に囲まれた部分の面積が
その人の人生経験と考えられるわけですが
物心がつくのが5歳 大体の平均寿命を80歳として積分すると
5歳から20歳までの面積と20歳から80歳までの面積がほぼ等しくなる…

確かに20歳までの人生経験は今考えてもとてつもなく大きく
そのころに学んだ事が
今の自分にとっても大きな礎になっている様に思います

なんて事を考えていると
歳をとると確実に1年のスパンは短くなりますが
だからこそ日々を大切に生活しなければならないのかなぁと
あらためて思う所存でございます

冷静に考えれば昨年も
1年前には知り合っていなかった方々と
一緒に作品作りが出来たり
1年前には生まれていなかった楽曲も沢山あるわけで
決してそんなに薄っぺらい1年を過していたわけではないのかもしれません
むしろ薄れているのは何かに触れた時の純粋な疑問や感動を
感じるだけの自分の感覚なのかもしれません
日々真摯な気持ちで生きていれば
そう思わなくても済む様に思います

ということで今年1年も色々な方々と出会えるはずで
様々な体験が出来ると期待しつつ
日々新鮮な気持ちで臨まなければと思っております

でも何故新年というと神妙な気持ちになってしまうのでしょうか
何がともあれ

本年が皆様にとって素敵な1年になる事を心からお祈りしております
[PR]
by modern-blue | 2010-01-01 00:00 | 私事
<< 仕事始め 忘年会 >>