パットメセニー(その2)
メセニー(敬称略)のどこが好きかと言われると…
色々あるのですがまず思いついたのは
音作りに対する集中力とでも言いましょうか
とにかくアレンジに関しては1音1音に無駄が無い!
沢山音が鳴っているのですがそれぞれが的確な役割を果たしていて
ただ音をぶちこんだ感が無いところですね
それから常に演奏が熱い!
透明感があって美しい音を作ろうとすると
普通の人はそ〜っと演奏しようとしてしまうように思います
これは音楽の偉人と言われる人に共通する事かと思いますが
弱い音こそしっかりと気合いを入れて鳴らすべきなのではと
メセニーから学んだ気がします
…続く

今日のおすすめ
『still life(talking)』pat metheny group
 定番ですがやはり「minuano(six eight)」は
メセニーの魅力が詰め込まれた至高の1曲
[PR]
by modern-blue | 2005-10-01 23:42 | 音楽
<< 懐かしさを感じる時 閑話 >>