理論書好き
な私です
秋の夜長は理論書研究です
500p程ある理論書を読みふけっていると最後の最後
「従来の理論の限界」「間違った音」というパラグラフの末に
某歴史的トランぺッター(徳川家康級?)や来週観に行く歴史的ピアニスト(伊藤博文級?)も
歴史的名盤(源氏物語や奥の細道級?)を発表した時に
批評家にぼろくそに言われた経緯が書いてあって
「彼等に対してこのように言う人達は、あなたに対して一体何と言うでしょう。太い精神を鍛え上げておきましょう。」
と締めくくられていました
音楽に正解無しということなのですが
どうしても最大公約数を探してしまうクセがあります

太い精神…
私に最も欠落している部分かもしれません
後になれば何とも思わない様な事も一事が万事
精神的に重くのしかかってくる物で
特に私はそういう部分に弱いのです

だからこそ
繊細な音作りを心がけるのさ!
と自分に言い聞かせてみるのですが
結局時間が解決してくれちゃうあたりが成長無いのかなぁ
その反骨精神を より音作りに反映させれば良いのだが

などとナイーブサカモトなところも実はあったりするんですよ
特に秋の夜長には…

って12月だし!
どっぷり冬じゃん!
どおりで寒さが身にしみるはずじゃん!

なのに雷鳴るし
入道雲出てるし
何だかぬるいし

良く解らないからたるさん(4周年記念でただ今生ビール100円!)で一杯やりながら
太い精神を鍛えようとするなまけものな私でした

「雷は怖いねぇ」
「なるほど!」
(落語ネタより)
[PR]
by modern-blue | 2010-12-03 23:00 | 音楽
<< SPEC観てます 「morning sprite」 >>