英語と日本語
久々のバンドのリハでした
sasuke体調不良によりトリオでのリハで
私にとっては格好の練習時間だったのですが
最近は制作にかまけていたのに加えて
ピアノのタッチ改造中ということもあって
演奏は手を縛られたまま演奏している感じでした

とかは良いとして
リハ後制作の打ち合わせ
の後最近皆ではまっている「大俵ハンバーグ」を食しに
某レストランへ行きました
その席で「発音の違う英語と日本語」みたいな話題になり
アメリカで生活経験のあるメンバーから
「directはダイレクトと発音しない」という事を聞きました
カタカナで書くと”ディレクト"みたいな感じで発音するそうです
確かに”ディレクター”とか言うし!と妙に納得したものです

私は小学(多分)4年生の時に神戸港の「メリケン波止場」で
写生をした事が有ります
ヨットハーバーみたいなところで絵を描いたのですが
もともと絵の能力が不自由な私は
水の色や空の部分を水彩絵の具で全く表現できず
絵の得意な母にレクチャーを受けつつ結局ほとんど
そのまま母に書いてもらったように思います
小学校(多分)1年生の時に鬼退治をする誰か(桃太郎かな?)
の絵で入選した事があったので
自分が「ひょっとして絵がうまいのかも!」
と思っていたのが勘違いだったと初めて気づいた瞬間だった気がします

「メリケン波止場」→「アメリカン波止場」だよなぁ〜
なんて事からふと思い出した昔の記憶です
[PR]
by modern-blue | 2005-11-27 23:05 | 音楽
<< 2日連続 IvoryとBFD >>