太宰治
電車での移動時間や仕事の待ち時間等を利用して
久々に1冊読みました
やはり凄いですね〜
とにかく重い!
訳が分からない内容だけど
私には解る気がする…とはまった人はきっと皆
そう思うんだと思います
「というかこの主人公俺だよ!」
とさえ思ってしまう独特のマジックがあるような気がします
人気作家として期待に応えていく様と
赤裸々な内面を綴る一面が
恐ろしく入り組んでいるように思います
活躍当時にリアルタイムで読んでいた人は
時代背景もあってもろに影響されちゃいそうですよね

ちなみに今回は『人間失格』を読みました
これはもう文学作品じゃないのでは?
そんぐらい重かったです

読み終わって本棚にしまったら…
やはり!もう一冊同じものがありました
そういえば以前読んで同じように思った気がします
[PR]
by modern-blue | 2005-12-13 23:03 | 私事
<< 童謡 切り貼り >>