McCoy Tyner
私にとってジャズを好きになるきっかけとなったピアニストです
マッコイを初めて聴いた頃私は音楽学校に通っていました
授業で紹介されたCD等を割と真面目に聴いてはいたのですが
今一しっくりくる音楽を見つけることが出来ませんでした

ですが理論の授業の現代的なハーモニーについての時に
ジョンコルトレーンやチックコリアが題材になり
それらを聴いた時に衝撃を受た記憶があります

確か
「Blues to You/Coltrane」
「至上の愛/Coltrane」
「Matrix/Chick Corea」
「La Fiesta/Chick Corea」
という感じでした

コルトレーンではペンタトニックやテトラコードをユニットとして
それをブロックのピースのように積み上げていく方法論を教わり
チックではそれをさらに拡張した刺激的なサウンドについて
教わりました

特に「至上の愛Part3(Pursuance)」でのマッコイのソロは
あまりにかっこ良くて言葉を失いました
現実的には未だに何一つ習得できていませんが
自分の目標とするようなスタイルとして今も全く変わっていません

F7で[ソ bミ ド ソ bラ bレ bソ bラ]とか
私にとってのトキメキフレーズです
[PR]
by modern-blue | 2007-02-11 23:00 | 音楽
<< イパネマの娘 McCoy Tyner in ... >>