ウェルカムバックのたかはしさん記
ウェルカムバックのたかはしさんに書いて頂いたライブレポートです
HPのライブレポに載っています
>たかはし様
いつも温かい言葉を戴いて感謝しております
風邪が早く治る事をお祈りしております

(以下ウェルカムバックHPより転載)

今夜の出演は「もだんぶる〜くいんてっと」
 ヴァイオリンとサックスがフロントに立つ、ジャズ〜フュージョンのグループです。
“叙情的なフュージョン”が彼らの最大の特色だと思っていましたが、
今夜のステージは少し様子が違います。
スウィンギーに刻むライドシンバルに載せて繰り広げた、
ウッドベースとピアノの熱いインプロ合戦。
軸足をハードバップのほうへシフトしたかのような印象です。

 とは言え、リリカルなサウンドももちろん健在。
マイナーのシンプルなメロディーをリフに据えた、
ミディアムテンポのナンバーの気持ちよさは彼らならではのもの。
メセニーにも通じるこの音楽世界は、心の平穏や癒しの求められる昨今、
我々の心のひだの奥まです〜っと染み通ってくるかのようです。
 ヴァイオリンとドラムだけで聞かせた冒頭の曲もエキゾチックだったし、
高速ワルツに衣替えした「ラスト・タンゴ〜」も面白いアイディアです。
アレンジや構成にも手を抜かないで、リキの入ったステージを堪能させていただきました。
[PR]
by modern-blue | 2007-10-25 22:00 | バンド
<< modern blue qui... modern blue qui... >>