カテゴリ:音楽( 138 )
ELDAR
だいぶ前ですがBLUE NOTEのモニターで流れていた
ELDARというピアニストがずっと何だか気になっていて

先日CDを買ってみました
所謂バカテクなのかもしれませんが
フレーズの行き先や勢いに
何故かロック魂の様なものを感じてしまうジャズピアニストです

ここ数日 朝の出勤時アゲアゲナンバーは
彼が演奏する「straight no chaser」となっております
[PR]
by modern-blue | 2010-01-05 23:00 | 音楽
音楽とお笑い
先日「○○な話」でますだおかだの岡田さんが
らくごのご」の話をしていました

「らくごのご」は桂ざこば師匠と笑福亭鶴瓶師匠がお客さんから3つのお題をもらって
それをキーワードとして織り込みながら即興落語をするという
超高度な噺芸が見られる番組でした

岡田さんは「らくごのご」で鶴瓶師匠が落ちを言った後の帰り際がカッコいい!!
と熱弁していました
私も大好きな番組だったのでその様子が目に浮かび大笑いしたのですが
お笑いのプロの岡田さんが一般の人には気付かない様な
細かい所に引かれてその辺りを熱く語る様が
ミュージシャンが普通のリスナーには絶対に気付かない様な
細かい所について熱く語る様子とそっくりだと思いました

メセニーって「are you going with me?」のシンセギターソロの途中で
必ずオクターバーのスイッチを踏むのですが
そのオクターバーは演奏している場所から少し前にあって
必ず何歩か歩いて踏むんだよなぁ とか

寺井尚子さんって演奏中に右足がクイックイッと動くんだよなぁ とか

キースって本当にペダル使わないなぁ とか

この辺はそんなに深い話でもないですが…

とにかく岡田さんって本当にお笑い好きでめちゃくちゃ見てるんだろうなぁ
というのが伝わってきて思わず引き込まれました

ってことで徒然に「お笑いと音楽」を不定期連載で書いてみようかな
[PR]
by modern-blue | 2009-07-16 23:00 | 音楽
ラテン三昧
このところ専らタンゴサウンド製作の毎日ですが
たまたま先日師匠とブラジルの話になりました

ブラジル音楽は和声もリズムの取り方もとても独特で
特にあの脱力感たっぷりの歌は何なんだろう…
何でこんな低いキーにしちゃったんだろうか
と ひとしきり笑いました

でも何故かたまらなく好きなんですよね〜
特にゆったりしているのに何故か凄いスピード感を感じる所や
不思議なコードヴォイシング等 ポルトガル語の響きも含めて
良いんですよ

タンゴはアルゼンチンの音楽ですが
こちらは割とダイアトニックなヴォイシングだったり
歌はしっかり歌い上げたり

でもまたこれがカッコいいんだなぁ〜

音楽って正解が沢山あって
不思議で面白いものです
[PR]
by modern-blue | 2009-07-09 23:00 | 音楽
R&B
あまり得意なジャンルではありませんが

ジャクソン5の「Never Can Say Goodbye」は最高に好きな楽曲です
[PR]
by modern-blue | 2009-06-26 23:00 | 音楽
続・4度と5度
意外な事に4度と5度の記事にリアクションがあったので追記します
あくまで自分用メモ書きなので突っ込まないで下さいね〜

倍音列はCを基音とすると
「C C G C E G Bb …」
となるわけですが
完全5度は2倍音と3倍音に現れるので
例えば鍵盤でC音とその上のG音を弾いたとしたら
ルートの倍音列内の音を弾くとルート音が強調されるという考えに基づくと
Gの音はCの倍音と調和してCの重力を強調すると考えられます

ところが完全4度は2倍音と3倍音に現れるのですが
これは基音のCが上にきています
ので鍵盤でC音とその上のF音を弾くと
C音はF音の倍音内の音なので
結果として高い方のF音が強調されて響くと考えられるわけです

ということから4度の和音はルート音を強調しない音と考えられるので
一時的にルートの重力から離脱するのでは

というあたりは割と確証を得られる文章を本なので読んだ事があるので
都市伝説の域は脱していると思います

ってかむしろ常識だったら恥ずかしい!

ってことなどを考えているうちに完全4度を積み上げて出来るロクリアンモードは
マイナーコードで4度和音を基調としたサウンドに応用出来るのかなぁ

というあたりをまた考えてみます
[PR]
by modern-blue | 2009-06-16 23:00 | 音楽
忌野清志郎さん
亡くなって暫く経ちましたが
今日は久々に懐かしの曲を聴いて過ごしました
RCは高校時代によく聴きました
アルバム『RHAPSODY』をウォークマンに入れて
通学時や休み時間によく聴いていました
YMOマニアだったので「いけないルージュマジック」に衝撃を受けて
そこからRCに入っていきましたが
今考えると私にとって初のロック体験だったのかもしれません
個人的にはテレビでライブ演奏していた「LONLY NIGHT」があまりにもカッコ良くて
今でも鮮明に脳裏に焼き付いています

動画サイトで見た「イマジン」のライブ映像は涙ものでした
今更ですが唯一無二の存在というものを実感出来る人方ですね
カッコ良すぎ…

ご冥福を心からお祈りいたします
[PR]
by modern-blue | 2009-06-09 23:00 | 音楽
4度と5度
そうか〜
完全5度を積み重ねて行くとリディアンが出来上がって
完全4度を積み上げて行くとロクリアンが出来上がるのね
だから出てくる音が全部違うのか

ってことは4度ヴォイシングの上でペンタトニックフレーズを重ねる場合
拡張すればロクリアンから派生したスケールを使ってアレンジする事も…?

…私がおとなしい時は大抵こんな事を妄想しています
そして実用出来る妄想はなかなか生まれないものです
[PR]
by modern-blue | 2009-06-05 23:00 | 音楽
オーメン
すっかりネットから離れてはや数ヶ月
理論や分析物の本を読んだり使い方を練習したり
合間をぬって映画やドラマも結構見てます

で「オーメン」を見てから1年以上かかって昨日ようやく「オーメン3」まで見終えました
ということで個人的所感など

「オーメン」
期待通り! 子供の頃怖くてCMも見られなかった怖さを実感

「オーメン2」
ダミアン役の子供が絶妙
3への期待が高まる感じでした

「オーメン3」
ん?これで終わりでいいのか?それとも私が裏を読み取れてないのか?

…ま いっか

シリーズ通して音楽が素晴らしい!怖い!
これぞBGMですわ 多分音楽が無ければ怖さは半分ぐらいになるでしょう
[PR]
by modern-blue | 2009-05-29 23:00 | 音楽
Pat Metheny Group in Blue Note 東京
もともとカウントダウンイベント等にはあまり興味が無いので
生まれて初めて大晦日のイベントに行ってみました

私にとって最も心がときめくバンドと言っても過言ではない
「Pat metheny Group」が何とBlue Noteに出演するという事で
ここ2週間で唯一休日という事もあり張り切って出かけました

セットリストやカウントダウンの様子等書きたい事は沢山あるのですが
私の仲間内も大勢これからの公演を観に来ますので
ネタバレを無くすためにあえて今日は書かない事にします
何にしてもとても興奮する一日でした

とても伝わったのはPat Metheny Groupの皆さんにとっては
新大統領が誕生する2009年を待ちわびていて
初の黒人大統領を心から歓迎しているという事でした
あまり政治や思想を語るタイプのアーティストでは無いと思いますが
まるで子供の様に大統領の話をして
それに合わせるかの様に拳を突き上げるメンバーがとても印象的でした
やはりアメリカ人の方々にとって大統領という存在は
それほど切実で重要な事なんですね
考えてみれば国のトップなのですから少々不思議に思う私の方が
おかしいのかもしれませんね
[PR]
by modern-blue | 2009-01-01 04:00 | 音楽
「ラヂオの時間(Welcome Back , Mr. McDonald)」
観ました
期待に違わず面白方ですよ〜

本編は勿論
ほんのちょっと出てくる桃井かおりさん等の細かいディティールや
特に副タイトルと布施明が役名で歌うエンディングテーマが最高に笑いました

「千本ノッコの〜」って凄い歌詞で爆笑ですよ
三谷さんやはり天才なんだなぁ
[PR]
by modern-blue | 2008-11-25 22:00 | 音楽